笛吹き入門日記

フルート練習日記、その他雑感。

粘膜下筋腫のおはなし(2)

どこまで続くかな?

 

◆病院探し(1)

当然ですがインターネット頼み。検索・調査するのそんなにうまいほうではない自覚があるので、経験者な友人に聞いたりもした。

 

とりあえずわりと近所のクリニックの女医さんの評判が高かったので、診断書は持たずにしれっと外来へ行ってみることに。一度行って、検査予約したものの検査当日の仕事が猛烈に紛糾していて電話もできず。時間がないというより私事電話する気力を割けなかったのだ。

 

仕方なく別日予約して行ってみたら、まず、先生からお説教。そりゃあ、わたしが全面的に悪いのは認めますが、その言い分が「信頼関係が大事なのに、こんなのひどい。もし自分がどこかの病院を紹介してすっぽかされたら自分の信頼に関わるから紹介できない。」というもので、なんだかものすごい違和感を感じた。というか、怒った!

 

信頼関係ってなんじゃい!

 

初回の診察時に下半身丸出し状態のまま、看護師さんから次回診察時の説明だの事務的なことの説明とかされてるんですよ、わたし。確かにここはレディースクリニックでスタッフ全員女性だけど、パンツ履かずに隠すものもなく(大抵の病院はタオル置いて必要のないときは隠せるようにしてるものだと思うのだけど、ここにはそれがない!)婦人科診察台に座らされたまま丸出しで長々と説明聞かされる必要ないじゃん。こういう扱いしておいて「信頼関係」とかどうやって作るっていうんだろう?????ばかなの?????と。

 

診察室でキレて怒鳴り散らしてやろうかと思ったけどそんな甲斐はないだろなと思い険悪な雰囲気のまま、一応謝罪しつつ検査データだけもらってここにはお願いしない判断をした。セカンドオピニオン的に内診・子宮鏡検査・別病院でのMRI撮影をやって、結構な費用を払った。しかも結果を聞きにいったとき保険証を忘れて一旦自費支払いになってしまい、後日精算可能と言われたけど二度と行きたくない気分が優先されて、そのまま。ラクして稼がせるのも癪だなとは思いつつ、気分優先。

あーあ、無駄な出費。

 

まあ、でも、これの結果、近年の悩みの原因は判明。

わたしの筋腫は粘膜下筋腫という子宮の内側にせり出してできるタイプで、子宮内膜の表面積が増えてしまうことで経血が多くなったり生理痛が重くなりやすかったりという問題を起こしやすいものだった。但し、筋腫ができた場所はよろしくないものの、お腹を開いたり穴をあけなくて済む子宮鏡下手術という方法がとれるということがわかり、病院探しがうんと楽になった。

 

この女医さん、技術的にはとても優秀な人なんだろうなと思うけどコミュニケーションは疑問。医者って技術職だな、技術職って技術に長けているだけでは実はダメでコミュニケーション力も高くないと評価されないよな、翻ってコミュニケーション力は評価されているようだけど技術的には全く期待されていない自分の仕事を振り返らされたのだった。

つまづいたり転んだりしたとき、ただ起きあがるんではもったいない(笑)